loading

アークから AI へ: デジタル抵抗溶接技術

溶接は何世紀にもわたって製造業に不可欠な部分でした。 航空宇宙、自動車から建設、インフラに至るまで、溶接はさまざまな業界で材料を接合する際に重要な役割を果たしています。 技術の進歩により溶接も –  2つ以上の金属または他の材料を接合するプロセス  – はより効率的、正確かつデジタル化されました。

伝統的な鍛造溶接技術からロボットによる自動化や人工知能 (AI) に至るまで、この業界は現代の製造業者の要求を満たすために絶えず進化しています。 この記事では、溶接技術の最新トレンド、その利点と限界、そしてそれらが私たちが知っている金属接合業界をどのように変革しているのかを探っていきます。

 

アークから AI へ: デジタル抵抗溶接技術 1

 

従来型 vs. 新しいテクニック

 

MIG、TIG、スティック溶接およびアーク溶接が主流となっていますが、 20 番目  世紀、 21 st  世紀 “インテリジェント機器” 新しい技術やバリエーションを採用しています  抵抗溶接 、レーザー溶接、摩擦撹拌溶接。 また、抵抗溶接のバリエーションとしては、  突合せ溶接  と  シーム溶接  配管システム、自動車、エネルギー、電力業界では依然として好まれる溶接プロセスです。

 

工学と材料科学の進歩により、溶接技術はより多用途かつ高度になってきています。 新しい溶接技術では、以前の技術に比べて火花や煙の発生が少なく、消費エネルギーもはるかに少なくなります。 従来の溶接プロセスにおける大きな騒音や材料が焼けた臭いは、ハイテク機械や装置の中で時代遅れになりつつあります。 

 

自動化とデジタル化 

 

溶接担当者が採用した新しいプロセスも自動化された生産を促進します “溶接の自動化” ロボット、機械、コンピュータを使用して、プログラムに基づいて溶接を実行および処理します。 多くの工場管理者にとって、自動化は人件費の削減、溶接の品質の向上、生産能力の向上に役立つため、当然の選択です。 その他の利点には、作業者を危険な状況や作業から解放すること、人的エラーを減らすこと、エラーを修正するためにワークピースを再加工する必要性が含まれることが含まれます。

 

それにもかかわらず、特に品質の予測や監視に関しては、自動化にも限界があります。 生産システム全体の完全な概要を取得し、品質偏差の原因を排除できるようにするには、依然として人間の判断が必要です。 挿入: デジタルツール。   工場現場では毎日、溶接や機械加工の作業から大量のデータが生成されます。 製造業におけるデジタル変革により、製造業者はこのデータを地上から分析できるようになりました。 工場現場での作業を監視することで、業界は品質と効率をより適切に維持できます。   

 

将来の進歩 

 

時間の経過とともに、高度なロボット工学と AI テクノロジーが溶接の自動検査と最適化された溶接パラメータにより生産性の向上と品質の向上につながります。 “溶接におけるAI” アルゴリズム、センサー、機械学習を使用して溶接プロセスを最適化します。 さらに、溶接データのデジタル収集により、溶接パラメータをダイヤルインして溶接品質を最適化することができます。 欠陥の特定、溶接設定の調整、将来の溶接ニーズの予測に役立ちます。 

 

一方、溶接における AI には、効率の向上、コストの削減、品質の向上など、いくつかのメリットがあります。 その制限には、実装コスト、テクノロジーの複雑さ、専門的なトレーニングの必要性などが含まれます。 多くの工場は、この慣行を工場全体で主流化するためのガイドを採用しており、その中には、  生産のためのAIガイド . ロボット支援溶接は自動車業界や家電業界で普及が進んでいますが、依然として責任ある溶接監督者が必要です   ロボットのドン’センサー技術がないので、やみくもに溶接します。 したがって、何かが予期せぬ動きをした場合には、スーパーバイザーが立ち会ってトラブルシューティングを行う必要があります。

 

ヘロンのテイクアウト

業界がインダストリー 4.0 への移行を完了するにつれて、産業機械や装置に高度なデジタルおよび AI ソリューションを採用する工場が増えています。  新しい溶接プロセスと技術の利点をすべて工場現場に均等に適用することはできません。 自動化やロボット工学の進歩から人工知能の使用の増加に至るまで、溶接の将来は、早期導入者にとって最先端かつ高効率になることが約束されています。

 

 

prev prev
Quality Monitoring – Safety Essential in the Automotive Industry
Green Welding is Essential for Electric Vehicle Industry
あなたにおすすめ
データなし
ご連絡ください

HERON、溶接を簡単に

CONTACT US

連絡先担当者: クリスティーナ・リュー
電話: 86 20 87813325 / 86 20 87819588 / 86 20 87815075

ファックス: 86 20 87813346

メール:  info@heronwelder.com

住所:中国広州従化区太平鎮信義路63号

HERON、参加を簡単に
Copyright © 2024 HERON Intelligent Equipment Co., Ltd. - Heron-welder.com | サイトマップ
Customer service
detect